偽造品に要注意

Cheap drugs

食事によって吸収される脂質は、体内で代謝されて脂肪へと変換されますが、この吸収の段階で抑制する働きを持っているのが、肥満治療薬として開発されたゼニカルです。テレビなどのメディアで紹介されたことから多くの人に知られることになったゼニカルですが、日本では厚生労働省が承認していないので、普通に病院で購入することはできません。購入できたとしても自由診療の範囲での価格となるため、1箱でも1万円前後の購入となります。少しでも安くしたいというのであれば、海外で販売されているのを購入する個人輸入代行サービスを利用した方が良いでしょう。個人輸入代行サービスでは安価で医薬品を購入できますが、その中でも個別に購入せず、1度で数箱のまとめ買いをすると15%ほどの割引が適用されるので、さらに安い価格で購入できます。

ゼニカルは少ない副作用で手軽にダイエットできる飲み薬として販売され、その効果から類似品も多く出回っています。同じ成分を使用したもののジェネリックまたは偽薬が多く、ゼニカルと同等の脂肪吸収阻害効果があるものも存在しますが、まったく効果がないというものも多いです。中には同じ成分であっても配合されている量が少ないものがあり、服用しても便として排出されないなんてものも少なくないようです。女性にとってダイエットが簡単にできる夢のような薬ということから、偽物が多く出回っていますが、間違えて購入しないよう注意することが大切です。また、ゼニカルを毎日のように服用すると、食事に含まれた油分が毎回便として排出されるため、軟便や下痢に悩まされることになります。最悪の場合は油がそのまま出てくることがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。